青山「ふーみん」といえば、近くにお勤めのかたには美味しいランチの店として有名ですし、昔からの食いしん坊には、葱ワンタン、納豆チャーハンがうまい家庭中華料理店として知られています。
実はふーみんが開業したのは1971年。ふーみんママがキラー通りで創業、南平台を経て現在の南青山・骨董通りに移転しました。現在はママに教わったシェフたちが伝統の味を守っていますが、ふーみんママはもちろんお元気。お店には出ていらっしゃいませんが、3月には新刊『青山「ふーみん」の和食材でつくる絶品台湾料理』を出され、そのお祝いにガストロノミー協会でイベントを行ったのが6月でした。
そこで今回は晩秋から初冬の薬膳家庭料理を習い、一緒に食べて、飲んで、コツを聞く会をおこないたいと思います。
作るのはチマキ、メニューはこんな感じです(変更の可能性はあります)。

・5種前菜
里芋のスープ
ピータン入り茶碗蒸し
りんごとセロリのサラダ
かぶとラディッシュの甘酢漬け
鴨の塩焼き
・ねぎワンタン
・小松菜と枸杞の実炒め
・牛肉ときのこ炒め
・牡蠣の豆豉風味(かぼちゃのソース)
・粽
・デザート

参加希望のかたは下記FBをポチするだけではなく、必ずコメントを残してください。
FB ふーみんママにチマキを習って・・
よろしくお願いします。応募者多数の場合は弊協会の賛助会員、コンテンツ会員を優先とします。なお、会員募集に関しては以下のURLをご参照いただき、ぜひご登録をご検討ください(コンテンツ会員は無料です)。
https://www.japangastronomy.com/membership#section-about
また、イベント2日前以降のキャンセルは会費を頂戴する場合がありますこと、ご了解ください。
当日はエプロン、筆記用具をご持参ください。お料理のあとに食事会となります。そのつもりでおいでください。

■日時: 2019年11月16日(土) 17:00~
■場所: 日本ガストロノミー協会
港区東京都港区北青山3-5-9-2F CHUMS KITCHEN STUDIO
■会費: 12000円(講習費、材料、食事会、アルコール含む)
※表参道からブルックスブラザースへ向い、ブルックスブラザースの手前の路地を入った右側のビル「マネージュ表参道」の2F。真紅のドアが目印です。向かい側にビストロ「赤い壷」があります。https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13153198/