47回目の「柏原います!」。表参道のチャムスキッチンで開催しました。
「柏原います!」は、食を愛する人々が集まり、仕事帰りにスーパーで買い物をして、キッチンで料理を作って、みんなで食べて、飲んで楽しもうというイベントです。

新型コロナの感染対策として、マスク、手洗い、換気や料理の提供方法など対策を施し工夫しながら、みなさんと楽しいひと時を過ごしました。
今回も柏原をはじめ、協会理事、参加のみなさんが食材を持ち寄ってたくさんの美味しい料理を作っていただきましたよ。並んだ料理を見てFUKUKOさんが「料理が被らないのよね。不思議ね。」とおっしゃってました。そうなんです、誰も事前打ち合わせはしてないんですが同じ料理が並ぶことはほとんどないんですね。
ということで、今回も美味しかったお料理を紹介しながら当日の様子をお伝えします。

開催の挨拶も距離を保ちながら
ボリューミーな「ピータン豆腐」材料はGoraiさんが中華街で厳選!してくださいましたよ。
アボガド、マグロ、ホタテのサラダ仕立て
鶏ハムサラダ
もやしとザーサイの中華サラダ
「ナスとイチジクのサラダ」はFukukoさん
ピーマンポテサラ詰め
豚肉とニンニクの芽炒め


熊本ご出身の彼女は、今回の災害でご実家も被害を受けられたそうですが、人吉応援で美味しい焼酎を差し入れてくださいました。
大好きな沢村の「パン・ド・ロデブ」、ホールだとすごい迫力ですね。

相内理事は「黒毛和牛イチボのローストビーフ 玉ねぎセージソース」
中の色味でもおいしさが伝わるでしょ。
カッシーの「具沢山のスープカレー」は辛味の加減が絶妙!
「富良野メロンのオトナポンチ」(オトナの理由はね、美味しい泡入りだからなんですよ)
デザートに差し入れていただいたのは「バスク風チーズケーキ」

我慢するところは我慢もして、注意と対応をきちんとしながら、またみなさんと楽しいひと時を過ごしたいですね。